Close

11/28/2017

カラー・パーマ前の処理剤の目的。

こんにちは

名張市役所前にある美容室

「アレグリアヘアー」の宮崎です。

 

久しぶりの更新になります。。。

 

今日は施術前と後にする処理剤についてです。

 

なぜ必要かと言うと、

髪の毛がダメージ毛で、これ以上薬剤での

ダメージをかけないためにです。

健康毛やローダメージならアフターケアで処理しますが、

ミドルダメージ、ハイダメージになると

髪の毛の中が空洞化になっているので、

薬剤の反応にムラが出てしまいます。

 

 

 

 

 

PPT、コラーゲン、疑似キューティクル、CMCを

必要に応じて塗布することで、

カラーでの染料の定着や吸い込みによる毛先が暗くなる防止や、

パーマの弾力性やハリのアップなどになります。

今個人的にはCMCを多く入れてせ

毛髪内の栄養分と処理剤の接着効果や柔軟性のアップ、

水分量のコントロールすることで、

質感が良くなるからです!!

 

後処理では

 

 

 

 

 

ナノ化成分のCMCを入れてます。

 

それでも、ダメージはするので

お店でのシステムトリートメントや

家でのシャンプー・トリートメントでケアを

しっかりすることをおすすめします。

特に冬場は乾燥しやすいのでね!

(前におすすめ商品を書いているので読んでください)

 

12月は混み合いますので、

ご予約はお早めに!

 

質問やご相談など

お気軽にラインでどうぞ!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top